行事・おしらせ

トップページ > 行事・おしらせ

行事・おしらせ


07月27日(月)
暁天坐禅・写経会について

8月の暁天坐禅・写経会は
お盆のため
休会になります。

次回の開催は
暁天坐禅
9月13日(第2日曜日)
9月27日(第4日曜日)
写経会
9月15日(火曜日)
の予定です。
ご参加を予定されている
お客様はご注意ください。

07月24日(金)
感染症予防対策について

全国で再び新型コロナウイルスが
感染拡大を始めております。
南禅寺では今後とも気を抜くことなく
各所において引き続き感染予防と
拡散防止対策に努めてまいりますので、
再度、ご参拝を予定される皆様に
おかれましても下記の点に
ご注意いただき、予防と対策に
ご協力くださいますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。

●拝観時のマスク着用
●手指の消毒
●他の拝観者との距離を2m以上あける。
●体調がすぐれない場合は拝観をご遠慮ください。

これから暑くなり、厳しい面も
あるかとは思いますが、できる
範囲でご協力お願いいたします。


07月02日(木)
三門拝観再開のお知らせ

6月20日より屋根瓦の工事を行う為、
三門の拝観を停止致しておりましたが、
無事に工事が竣工いたしましたので

7月3日(金)より三門の拝観を
再開いたします。

工事期間中、参拝にこられた方々の
ご理解やご協力、誠にありがとう
ございました

06月11日(木)
写経会会場について


写経会の会場について、6月と7月の
写経会場は新型コロナウイルス感染症の
感染予防のため、
龍渕閣で行います。
南禅院でございませんのでご注意
ください。

写経会の後のお茶席について
6月と7月はおやすみさせて
いただきます。

早く皆様の元気なお姿を拝見したい
思いと、少しでも今の状況に心を
痛めておられる方の慰めになれればとの
思いでの再開でございます。
通常通りには中々戻れませんが、
みなさまどうぞ色々なご不便には
目をつむっていただきご参加ください
ますようお願い申し上げます。


06月05日(金)
暁天坐禅再開のお知らせ
6月から南禅寺暁天坐禅を再開いたします。
日時 6月14日(第二日曜日)6時から
場所 南禅寺龍渕閣
南禅寺としても感染予防に努めてまいりますが
下記の点について、ご参加の皆様にもご協力お願いいたします。


①マスクの着用をお願いいたします。
② 発熱や風邪の症状がある方は参加をお控えください。
 

今後は以前のように第二・第四日曜日の開催を
予定しております。
開催について変更があれば改めてHP上でご案内させて
いただきます。


05月26日(火)
6月南禅寺写経会のご案内
南禅寺写経会を、本年2月以来4か月ぶりに再開いたします。
1 日 時  6月15日(月)13時~(受付は12時から)
2 会 場  南禅寺龍淵閣2F 大広間
3 志納料  1,000円
4 その他  お茶席はありません
5 お願い  新型コロナウイルス感染防止のため、
来会の方は以下についてご協力をお願いいたします。

① マスクの着用をお願いいたします。
② 発熱や風邪の症状がある方は参加をお控えください。


南禅寺の写経会は昭和50年10月15日、南禅寺の開基
亀山法皇様のご崩御の日[嘉元3年(1305)9月15日]に
因んで法皇ゆかりの南禅院を道場として始まりました。
それから今日まで、毎月15日に開催しています。
下の詩は、始まってから10年目の昭和60年に投稿されたものです。

 
写 経
南禅寺に写経に行く。
老いた母親と一緒に写経に行く。
今日は、連休なのに
あいにく雨がふっている
観光客は、ついてないと言っている。
お堂は、暗く線香のにおいに満ちていた。
色即是空  空即是色
雨にぬれた遠くに見える
五重の塔の屋根が一段と美しい。
観自在菩薩  般若心経
今日は、一段と山門が大きく見える。


先日、過去の記録を調べているときに、偶然この詩に出会いました。新型コロナウイルス禍の下、なにかザラザラしていた心にポット灯りがともったようでホッとしました。と同時に、写経会を再開しなければと。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。
なかなか来られない方のためにも「おうちで写経」は継続させて
いただきますので、どうぞそれぞれの形でご参加ください。
(南禅寺写経会担当 信徒部長)

05月08日(金)
お写経のすすめ

この度の新型コロナウイルス禍については依然として
先行き不透明で、それぞれにご心配ご対応のことと
拝察し、心よりお見舞い申し上げます。
南禅寺も4月19日から拝観停止、月例の写経会も当面休止としているところでございます。
このような状況の下で閉じこもりがちな日々をお過ごしの
皆様には、少なからず心労がたまっているのではないかと憂慮しております。
そこで静かに写経をする時間を持っていただくことで、心のやすらぎを得る力になればと考え、写経のご案内をさせていただきます。
ご希望の方は下記の要領をご参照のうえお申し込みください。
南禅寺写経会の写経用紙「摩訶般若波羅蜜多心経」または「延命十句観音経」をお届けいたします。
1.申し込み方法
ハガキ、ファックスまたはメールにて、住所・氏名・ご希望のお経・ご希望の枚数をご記入の上、下記までお申し込みください。(電話対応はいたしません)

2.その他
●写経用紙は、一回につき一人一枚といたします。
●写経用紙代金、送料は無料でお届けします。
●写経した用紙を南禅寺に納経希望の方は、
志納料1,000円を添えて下記住所までお送りください。『新型コロナウイルス禍終息祈願納経』として、朝課の際大方丈にてご祈願いたします。
3.申し込み・送付先
〒606-8435京都府京都市左京区南禅寺福地町86
南禅寺派宗務本所 信徒部 宛
Fax:075-771-6989 Mail:shinto@nanzen.net

09月03日(火)
「水呑の虎4面絵葉書」が新しく出来上がりました


8月より、新しい絵葉書を
方丈庭園受付で販売しております。

南禅寺方丈にある襖絵「水呑の虎」
御朱印帳にもなっている
迫力ある作品です。

その襖4面分を1枚に繋げた絵葉書です。折り目はミシン目仕様ですので、切り取って一枚づつでも、屏風風にインテリアとしても飾れます。ご参拝の記念に、お便りのきっかけにお求め下さいませ。









05月20日(月)
南禅寺で坐禅体験をご希望の方へ


南禅寺では毎月2回
第2・第4日曜日に
暁天坐禅会を開催しております。
ご予約の必要がない無料坐禅会です。

団体での坐禅では
ご予約が必要となります。
料金の確認やお申し込みは
南禅寺禅センターまで
お願い致します。

詳しくは 「写経会・坐禅会」のページをご覧くださいませ。