南禅寺について

教 義

仏心すなわち大慈悲心をもってひとしく安心の道を得ることを本派の教義とする。
(南禅寺派宗制第四条)
 教義とは具体的な教えとその内容のことです。 「だるまさん」で知られている達磨大師は中国で禅宗の基礎を築かれたかたです。この達磨大師は、「不立文字・教外別伝・直指人心・見性成仏」と言われています。教えの外に体験によって別に伝えるものこそ禅の真髄であり、お経の文字を離れて、ひたすら坐禅によってお釈迦様と同様な悟りを得なさいということです。つまり、お釈迦様の説かれる悟りは、文字や言葉ではなく、心から心へと伝える以外に方法は無いとの教えです。決して文字による経典が不要ということではありません。文字では伝えきれないものということです。  絶えず眼を外に向けてばかりではなく、自分自身をよく見つめなくてはなりません。教えてもらって得るものでもありません。技術や芸術と同じように自分自身が経験し、体得するものです。自分自身の本性をよく見つめるとき、すべての人は仏であるということを体験としてつかむことができるという教えです。  臨済宗ではこの教えを根本教義としています。